高品質でお手頃 TOUT VERT の魅力

わたしのトゥヴェール

トゥヴェールのアルガンオイルの使い心地はさらり

アルガンオイルは、エステルオイルで油脂とは違ってギトギトした感じが少ないオイルです。
コスメに関心がある方なら一度はその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

アルガンオイルってどんなもの?

アルガンオイルは北アフリカモロッコで生育する砂漠に耐えるアルガンツリーの種子から微量採取される貴重なオイルです。オリーブオイルの数倍のビタミンEやオレイン酸、リノール酸を豊富に含み、肌の保湿と健康な肌の維持に効果的といわれています。


アルガンツリー、なんだかおオリーブっぽい。

モロッコではその実を食べるためにヤギが木に登るらしい・・・そんな馬鹿な


ホントに登ってる。

肌に付ける油というのは基本的には油脂ではなくてエステルオイルですね。
皮膚に油膜を張るわけだから水分の蒸散を防ぎ保湿できるのはオイル共通の特徴です。
また、肌にオイルを塗るというのは水で濡らすのと違ってオイルに溶けている成分は肌に浸透しやすい(たとえばメントールという油はぐんぐん浸透していきます)ので、イイものが入ってると肌に良いわけですが、アルガンオイルはビタミンEの含有量がオリーブオイルの数倍あり、ビタミンE(ビタミンC並みに健やかに貢献するようです)の良さをたくさん享受できると思います。

これは、ビタミンCが看板のトゥヴェールが販売しているのも理解できます。

ビタミンEを肌に吸収することのメリットは大きく、ビタミンサプリとしても広く長く使われていて(エーザイのユベラックスなどなど)、抗酸化作用、血行促進、肌の新陳代謝を整えるといった効果があります。ビタミンEの別名はトコフェロール油性のビタミンです。

アルガンオイルを使ってみると

肌に塗るだけでなく頭皮や髪の毛にも健やかさをもたらしてくれると聞いた私(白髪が激しい)は、もちろんすぐに頭皮に擦り込みました

でも、オイルだから椿油みたいにベトベトになります。髪の毛があぶらベトベトはかなり嫌いなので風呂洗髪直前に頭皮に擦り込んでしばらく後に洗髪洗い流しています。もったいない気がするけれど。

容器の外から見るとかなり黄色っぽいオイルですが、外に出してみるとそんなでもないのが不思議です。

このアルガンオイルですが、水と基本的に混ざらないので、そっと水に注いでみると水の上に浮いて混ざりません。

ところが、勢いよく注いでやると意外にも小さな液滴になりました。
結構、水と仲の良いオイルのように思えます。

オイルをつけると、反射率が変わるのか、髪の毛が黒くなったように見えます。あまり意味はないですが、それで若返ってみえるようです。でも、本当は、白髪が減ってほしいと期待して擦り込んでいるのです。(最近使っているシャンプーもジョンマスのスカルプケアシャンプーです。ホント白髪減ってほしい)

しばらく経つとさらりとしてべとつきは緩和されます。

水とも結構仲が良い・・ので、肌に付けてよく伸ばしていくとべとつきがほとんど感じられなくなります。しっとりとした感じで肌が柔らかくなったようです。いつまでも表面に残るのでなく皮膚と同化するような使い心地だと言えます。
ビタミンEの効能については、直ちに感じられるものではありませんが、ぎとぎととは無縁なので爽快な使い心地なので、空気が乾燥するときだけでなく使えます。色々な成分のてんこ盛りなコスメに疲れたら、ぜひ使ってみてください。

 

 

-,

Copyright© わたしのトゥヴェール , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.