高品質でお手頃 TOUT VERT の魅力

わたしのトゥヴェール

ビタミンC誘導体 原液シリーズ

トゥヴェールのビタミンC誘導体は4種類

まずはビタミンCを押さえよう

この記事では、トゥヴェールコスメのポイントであるビタミンC誘導体についてお話します。
トゥヴェールのビタミンC誘導体は4種類。そのキャラクターを知るとトゥヴェール製品選びがカンタンになります。ちょっとビタミンCのことを知るだけで製品選びが楽しくなりますので、読んでみてくださいね!

ビタミンCは美容効果抜群 保湿は苦手

サツマイモは美容に効くってよく言われますが、それはサツマイモがビタミンCをたくさん含んでいるからデス。それでは、ビタミンCはどんな美容効果があるのでしょうか。一般的にいわれているのは

  • 皮膚に生じるメラニン色素(日焼けの元ですね)の生成を抑え。シミ・そばかすを予防し美白効果をもたらします
  • ビタミンCは、肌や血管など体の構造物をつくるコラーゲンの生成に欠かせません。健康な肌を作るためにはビタミンCが必要なのです
  • ビタミンCは細胞を老いさせたり炎症をおこす活性酸素を分解する効果があります。それゆえニキビ防止効果やシワを予防する効果があると言われています
  • 皮脂の生成を抑制する効果があります(これはネガティブな効果でもあります)

といった効果です。およそ、化粧品に求められている効果の多くを備えていると言っても過言ではないでしょう。ただし、保湿はビタミンCには苦手です。

こんな理由で、ポテトチップス焼き芋が、油たっぷり糖質満タン、ダイエットの敵なのに女性に根強い人気があるのですね。ちなみに、ジャガイモの中のビタミンCはジャガイモ細胞に守られて熱を受けてもビタミンCが壊れていないのだそうです。ちょっとポテトチップスを見直しました(笑)。

残念、ビタミンCにも弱点が

熱に弱く分解しやすいです。ビタミンCはクリエイトなどの大型薬局に行けば大体手に入ります。粉状で結構値段は高いです。しっかりふたをして湿気から遠ざけて保存するように注意書きがあります。水に溶けるとどんどん酸化されて初めは黄色い液体でもしばらく経つと茶色く変色してしまいます。この反応性の高さが逆に活性酸素をつぶしてくれるのですが。

また、ビタミンCそのままで化粧品に入れて体に塗り、浸透させようとしても頑張って角層まで、実のところはほとんど吸収されないという事が分かっています。ちなみに、ビタミンCはとてもよく水に溶けますので、溶かして顔に塗ってみました。しばらく経つと、分解してしまったビタミンCが茶色くなり、顔が日焼けしたような色になってしまいました。
せっかくの宝も、体に塗ってはダメなのです。

それでは、飲めばよいというわけで、飲む方は結構ポピュラーに行われています。薬局で売っているビタミンCですが、名称は「アスコルビン酸」です。学生の頃、風邪をひいたときに研究室のアスコルビン酸を紅茶に入れてよく飲みました

箱の裏には堂々と、しみ・そばかす・日焼け・かぶれによる色素の沈着を緩和するとの記述がみられます。

ところが、ビタミンCは水に溶ける性質なので、たくさん飲んでも、どんどん尿中に排出されてしまい、一定の濃度以上にならないことが分かっています。水に溶ける物質は基本的には濃いところから薄いところに移動する宿命なのです。

宝は壊れやすく、とりこんでもどんどん出て行ってしまうのです。

残念。でも、人類ってすごい弱点克服です・・・

 

弱点を改善したものがビタミンC誘導体

ビタミンCにいろいろなパーツをくっつけてできるのがビタミンC誘導体です。パーツが油性なら水に溶けやすいビタミンCが油に溶けやすくなったりするわけです。皮膚に塗って吸収されやすくなったりしています。吸収された後はパーツが離れてビタミンCとして働いてくれる!優秀です。

さて、そろそろ話をトゥヴェールにもどしましょう!

トゥヴェールのビタミンC誘導体は4種類あります。それぞれ、原液シリーズの商品として購入することが出来ます。

  1. ホワイトパウダー (APSというビタミンC誘導体です)
    水に溶けやすいのですが、ビタミンCに比べて安定かつ皮膚から吸収されやすいビタミンC誘導体です。誘導体の中では価格が安めです。皮脂抑制するので、逆に保湿できなくなり、がさつく弱点があるので保湿成分を併用する必要があります。
    これを含む製品は「薬用ホワイトニングローションαEX」があげられます。
  2. AP100M(ミネラル化されたAPSというようなもの)
    ミネラルというのはカルシウムやマグネシウムのことで、一般的には、生物をつくっている物質を硬くする働きや、水に溶けやすいものを溶けにくくする働きがあります。それと関係があるかどうかわかりませんが、基本はAPSと同じ働きなのですが、肌の引き締め効果が大きいと言われています。
    APSより皮脂抑制効果が強いようで、脂性の肌の人にはこのビタミンC誘導体が良いでしょう。.
    .
    .
    .
  3. クリスタルパウダー(APPSというビタミンC誘導体です)
    水にも馴染むし、油にも馴染む性質を持っています。
    ビタミンC誘導体自体は基本的に水溶性、水に馴染むのでAPPSは油の性質を備えたビタミンC誘導体と言えます。
    皮膚への吸収されやすさは、APSよりかなり大きいです。浸透力は効果に直結します。ただし、価格が高いです。油性の性質があるので皮脂切れによる保湿破綻が起こりません。かさつく肌の人はこちらを。
    これを含む製品は、「クリスタルエッセンス」や「ホワイトクリームⅡエクストラリッチ」があります。
    .
    .
  4. VCH-100(完全油性の水に溶けないビタミンC誘導体)
    水と馴染む部分を疎水化した油性のビタミンC誘導体です。基本的に油性の物質は水性の物質と違って、皮膚から深いところまで浸透する可能性があります。例えばベポラップや筋肉痛の薬のように、塗ると筋肉まで浸み込んでいく可能性があります。
    よく、浸透は角質までとありますが、油性の物質の場合はそうとは限らないと考えていいでしょう。でなかったら、湿布薬はすべてうその塊ということになりますからね・・・。
    .
    .
    .

この4種類のビタミンC誘導体の特徴を図にしてみました

さて、ここまで、【ビタミンC誘導体のトゥヴェール】のビタミンC誘導体を紹介してきましたが、トゥヴェールの製品を使うのなら、まず基本の軸になるビタミンCをみつけて、そこに何を加えていくとより効果的なのかと考えていくと、ビタミンCという宝の恩恵をしっかりと受けることが出来ると思います。

また、手作り化粧水の調合もこれらの特徴を踏まえて調合していくと効果を実感できると思います。(それにとても楽しいです)

今後、各製品のレビューを含めて紹介していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

ゆうらく@美容と化学のコスメトーク

 

 

-ビタミンC誘導体, 原液シリーズ

Copyright© わたしのトゥヴェール , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.